議会報告

PARLIAMENTARY REPORTS

2010年3月度 議会報告

REPORT 今議会の主な内容

『町田市議会議員3期に当選しました!』

 この度、2月21日の町田市議会議員選挙において、大変厳しい選挙の中、多くの方に支えられて選挙戦を乗り切り、皆様のお陰様をもちまして3期目に当選することができました。
 また、選挙期間中おなかの大きかった妻も、無事3月に元気な女の子を出産いたしました。幸運にも立ち会うことができ、女性の力のすごさを実感いたしました。
 今後は、2期の経験と親という新しい目線で町田市政に取り組むこととなります。皆さんのご意見やご要望を聞きながらしっかりと活動してまいります。変わらぬご支援の程、よろしくお願いいたします。
※尚、公職選挙法では当選の御礼が禁止されていますので、この報告を持って挨拶とさせていただきます。

3月議会の主な内容 - 予算総額約2,243億円
<<ヒブワクチン予防接種費用助成 約1,400万円(都補助含)>>

【ヒブ(Hib)菌による細菌性髄膜炎を防ぐ、ヒブワクチンの接種費用の一部公費補助するもの】

 この政策については、同じ会派の“いわせ議員”をはじめ、会派として実現に積極的に取り組みました。
対象:生後2カ月以上~5歳未満まで
助成:1回につき3,500円(4回まで)
実施:平成22年4月から、町田市の指定医療機関で受けられます。

<<忠生市民センター建替事業 514万円>>

【老朽化した忠生市民センターについて、建替検討委員会の設置と建替基本計画を策定するもの】

 現在の施設機能(支所機能・コミュニティ機能・図書室)の拡充を基本とし、現在の忠生市民センターの敷地を広く確保し、建替えをします。

平成26年(2014年)3月に竣工予定。

このページの上部へ

NEWS ニュース

若林あきよしサポーターズクラブからのお知らせ

 若林あきよしは、わかりやすい政治をモットーにこの議会報告を作成しております。ご意見ご要望などお知らせください。また郵送に際して知人や紹介者にお送りしておりますが、ご不要な方はご連絡ください。
また、この報告を近所に配っていただける方(ポスティングボランティア)何部でもかまいませんのでご協力していただければと思います。ご連絡いただければ直接お持ちいたします。メール・電話等でよろしくお願いいたします。

このページの上部へ

AFTERWORD 今議会を終えて

 町田市長・市議会議員選挙が2010年2月21日に執行されました。前回の選挙は、雨の影響もあったのか44.10%と大変少ない投票率なってしまい、議会においても、投票率の低さやそれに伴う市長得票の支持の低さにおいて指摘がされていました。

 この度の選挙では、最低でも投票率が50%を上回るようにと、街頭演説などで多くの有権者に訴えてきました。結果が、今回の投票率は50.02%となりました。さらに石阪市長は、投票した人の約50%以上もの支持を受けて再選を果たしており、このことは石阪市政の4年間の評価の表れであり、今後さらに、市役所の経営品質の向上や徹底した財務管理等の行政改革を進め、市民本位の政治を期待する声であったと思われます。

 私の所属する“まちだ新世紀・みんな”会派は、地方議会は、中央の政党政治とは一線を画し、ローカルパーティー(地方政党)を結成すべきとの認識から、自由民主党・みんなの党・保守無所属の議員によって構成し、11名の町田市議会最大会派となりました。最大会派として責任もって、2期目となった石阪町田市政の発展を支えていきます。また今後は、更なる議会活性化に向け、“議会改革特別委員会”の設置に積極的に取り組んでまいります。

このページの上部へ

このページの上部へ

©2008 Akiyoshi wakabayashi. All Rights Reserved.